読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はにわかおじさん

アニメ・古めのゲーム・雑文、ときどき漫画・特撮について

コメット・ルシファーの思い出(アニメ)

アニメ

どうも!カレー大好きにわかおじさんです。今回語る思い出はコメット・ルシファーです。さっそく作品のあらすじから簡単に紹介していきましょう。

 

惑星ギフトというところで、鉱石大好きな主人公ソウゴ・アマギがとあることから幼馴染と共に街の地下深くに落下してしまいます。地下でさまよっていると大きな鉱石の出現を目にします。鉱石は砕け、中から少女(名前はフェリア)がでてきます。この少女をめぐって主人公たちは騒動に巻き込まれることになっていきます。少女には守護者がついていて少女のピンチになると、ある力を借りてロボットとなり少女を守るために戦います。

それでは次は印象に残っていることについてです。

 

①冒険の切符がなかなか手に入らない。

予告でフェリアの守護者(通称モウラ)が次回予告で毎回「君も一緒に冒険の切符を手に入れるジャモ」というのですが、主人公たちはいっこうに冒険にでかけません。物語の半分くらいにきてようやく出発します。どうなってるんだ!

 

②何もしない主人公

 とにかく主人公はフェリアの世話をするか、いちゃこらするくらいしかしません。戦闘はモウラがロボになってモウラ自身がするので主人公はモウラのロボ化に力を貸すだけです。で、最後になってようやくモウラに乗り込んでロボを操縦したと思ったら、ボスに取り込まれてしまいます。で、捕らわれの身になってしまったのをフェリアに救われます。まさか主人公がお姫様ポジションに移行するとは・・・以前、薄桜鬼 黎明録の思い出で主人公龍之介が何もしないと書きましたが、彼は歴史を見守るという動くに動けないポジションだったため何かをさせるわけにはいかなかったのですがコメット・ルシファーは歴史ものではなく主人公に制約はありません。なぜこんなことになったのか・・・

 

③カレー

このアニメはとりあえず出来上がったカレーを台無しにすることが多いアニメです。冒頭で述べた通り、おじさんはカレーが好きなのでこれは許せません!カレー好きの方は視聴するにあたって心の準備をしておきましょう。

 

④パン屋のお姉さん

近所にいるパン屋のお姉さんなのですが、実は彼女政府でスパイをしている人でした。終盤彼女が戦っている姿が描写されているのですが、メロンパンの形をした手りゅう弾?を使っています。いや、パン屋だったからってそれはないでしょ。

 

以上がコメット・ルシファーの思い出です。なんかろくでもない思い出ばかりですね・・・

 

ではここまで読んでくれた方ありがとう!またお会いしましょう。