読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はにわかおじさん

アニメ・古めのゲーム・雑文、ときどき漫画・特撮について

薄桜鬼 黎明録の思い出(アニメ)

どうも!原作が乙女ゲーだろうがとりあえず見てみる主義のにわかおじさんです。ということで薄桜鬼の第3期の思い出です。

 

このアニメは新撰組を題材とした恋愛アドベンチャーゲーム「薄桜鬼」をアニメ化したもので、1期は池田屋事件の少し前から鳥羽伏見の戦いまで、2期は五稜郭の戦いまで、3期は1期より以前の話で、新撰組の局長が芹沢鴨の時期の話である。3期の主人公は井吹龍之介、行き倒れていたところ芹沢鴨に拾われ、小姓として芹沢の下で働くことになる。ただの時代物ではなく、オリジナル要素にはタイトルにもついている「鬼」が取り入れられています。超人的な身体能力と治癒能力を持つ「羅刹」になれるという鬼の血を薄めてできた薬「変若水(おちみず)」が話に大きく関わります。ただし、羅刹になったための代償もあり、この変若水が様々な隊員の生死に関係することとなっていきます。

 

この3期の肝は芹沢鴨です。このキャラクターに魅力を感じるかがこの作品を好きになるかの大きなポイントとなりそうです。私個人としましてはもうすこし芹沢の行動心理を描写してほしいと感じました。「えっ、主人公は?」と思った人、残念ながらこの薄桜鬼 黎明録の真の主役は芹沢鴨なのです。主人公とされている井吹龍之介は実は脇役です。彼がしていることと言えば基本的に芹沢のおつかいをこなすことです。よってこのアニメを見終わった時、おじさんが思ったことは

龍之介とは何だったのか・・・

でした。まあ後から考えるとやむを得ないことだったんですけどね。時代物であるため、オリジナルとされる者を主人公とした場合は歴史に干渉させずに傍観者としての役割を与えられるのは仕方のないことです。1期、2期の主役の雪村千鶴は女性であるため、隊員との恋愛を描けるので傍観者以外での存在意義はあるのですが、龍之介は男であるためそういった描写もとれません。またその後、千鶴の登場を考えると女性を主役にすることもできない。こういったことから考えると龍之介の扱いは妥当だったんだと思います。そういうことを踏まえてこのアニメで一番印象に残ったのは

龍之介とは何だったのか・・・

ですねwwまあそれくらいいてもいなくてもいいんじゃないかという存在でした。なので、傍観者という役割は十二分にこなせていたと思います。

 

ここまで読んでくれた方ありがとう!羅刹となった龍之介ファンに捕まっていなければまたお会いしましょう。