読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はにわかおじさん

アニメ・古めのゲーム・雑文、ときどき漫画・特撮について

スクウェアのトム・ソーヤの思い出(ファミコン)

どうも!最近は本を読まずに漫画ばかり読んでるにわかおじさんです。トム・ソ~ヤの冒険は読んだことないなぁ・・・赤毛のアンならあるけど。

今回はスクウェアのトム・ソ~ヤですがなぜ「スクウェアの」と付いているかと言うとこのゲームが出るまでに既に「トム・ソ~ヤの冒険」というタイトルのゲ~ムがでていたからです(そっちは未プレイ)。では、簡単なソフト紹介からいきましょう。

 

スクウェアのトム・ソ~ヤ

f:id:niwakaojisan:20170105160250j:plain  f:id:niwakaojisan:20170105160338j:plain

 発売年:1989年

ジャンル:RPG

対応機種:ファミリ~コンピュ~タ

 

スト~リ~は簡単にいうと海賊の宝を探すというものだったと思います。それでは思い出を語っていきましょう。

 

①たくさんのキャラクタ~たち

このゲームでは多くのキャラを仲間にできます。パ~ティ~編成は4人なので新たな仲間を加えるには他の仲間と別れなければいけません(再び仲間に入れることはできます)。仲間が持っているアイテムが攻略に必要だったりするため、弱かろうが一度は仲間にして所持アイテムの確認が必要だと思います。このゲ~ム、経験値は存在せず、戦闘に勝利するとキャラの能力が上がります。しかし、すぐ能力が上昇するのではなく、そこから家で休んだりおべんとうを使ったりして体力を回復すると能力が上がります。キャラによって能力がかなり違っており、弱いやつは徹底的に弱く、育ててもたいして強くならないので縛りプレイでもしない限りは弱いやつは見限った方がいいでしょう。せっかくなので何人か簡単なキャラ紹介をしましょう。

f:id:niwakaojisan:20170106195948p:plain 主人公、全キャラ中、一番強くなります。当たり前か。

f:id:niwakaojisan:20170105161241p:plain くちびるお化け、ではなくトムの家の使用人。

f:id:niwakaojisan:20170105164826p:plain トムのガ~ルフレンド?唯一仲間になる女性キャラ。

f:id:niwakaojisan:20170106200016p:plain ハックルベリ~フィン(だと思う)、なぜか名古屋弁で話します。

f:id:niwakaojisan:20170106194743p:plain アルフレッド、隣町に住む少年でトムに対抗心を燃やす、へたれ。

f:id:niwakaojisan:20170106200103p:plain イ~ストシティのガキ大将。しかしゲ~ムではイマイチな強さ。

とりあえず、これくらいにしておきます。あと何人か仲間にできますが、ここから先は君自身の目で確かめてくれ!

 

②戦闘シ~ン

とにかく独特です。以下で説明していきます。

A.エンカウント

f:id:niwakaojisan:20170106200558p:plain

エンカウントすると爆発が起きます。上画像右の白い丸がぽつぽつある所が爆発地点です。上の画像を見るとビックリして主人公の目ん玉飛び出てますねw

 

B.戦闘時の距離感

f:id:niwakaojisan:20170106201145p:plain

上の方の赤いぽつぽつが敵です。遠いっ!だから敵に攻撃する時は下の画像のようになります。

f:id:niwakaojisan:20170106201328p:plain

右端にいたジムが猛ダッシュして攻撃に向かっているところです。で、敵の正体は敵が攻撃してくるか敵を倒すかしないと分かりません。

f:id:niwakaojisan:20170106201102p:plain

上の画像のように敵が近付いてきてようやく敵の正体がわかります。

 

C.ダメ~ジ数に小数点がでてくる

f:id:niwakaojisan:20170106202149p:plain

う~ん、こまかい。

 

D.リセットボタンを押す敵が存在する

f:id:niwakaojisan:20170106202311p:plain

敵の名前は伏せておきます。これをされると本当にリセットされます。ひどい。

 

E.敵にやられた時

f:id:niwakaojisan:20170106203122p:plain

ひっくり返ります。斬新な演出です。

 

以上のように戦闘シ~ンが本当に独特で見てて楽しいです。エンカウントが高いのはご愛嬌、おじさんが一番印象に残っているのはこれら戦闘シ~ンでした。他にも買い物がないなど普通のRPGと違っているところがたくさんあります。この世界観を受け入れられる人にはぜひプレイしてほしい一品です。

 

ということでスクウェアのトム・ソ~ヤの思い出でした。ここまで読んでくれた方ありがとう!またお会いしましょう。