読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はにわかおじさん

アニメ・古めのゲーム・雑文、ときどき漫画・特撮について

俺の考えは正しい

雑文 まじめ

どうも!にわかおじさんです。えーこのタイトルですが、にわかおじさんの言う事が正しいという話ではありません。こういう考えに陥りがちになっているであろう人をちょいちょい見かけたのでこのタイトルにしました。

おじさんプロ野球が好きで、プロ野球のブログとかもちょくちょく見るんですけど、そういうブログを見ていると「なぜこうしない」とか「こうしてほしい」という話題になりがちです。それはいいんですけど、中には違う意見も当然あります。「いや、それはない」とか「それならばこっちの方がいい」などといったものです。

で、ここからが本題です。私が見てる範囲に限っての事ですが、こういうブログをやってる人は俺の意見こそがジャスティス状態に陥って、他の意見や否定意見を敵対行為をされたと捉えたかのように言い返します。いかに自分が正しいか、その他の意見が間違っているかをつらつらと述べます。

 

こういうのを見ると非常にもったいないなぁと思ってしまいます。せっかく自分のブログにわざわざ書き込んでくれているのにこういう対応をしてしまうとされた方はがっかりしてしまうでしょう。ヘタすればもう来てくれなくなるかもしれません。趣味ブログで自分と同じ趣向を持った人をわざわざ追い返すような行動をなぜとるのでしょうか。

 

だいたいおじさんがやっているこのブログ、全然コメントもらえないのにもらえてる人がこんな対応してると思うと腹が立ちます(完全に僻みです、ええそうです)。

 

なんていうかブログとかって自分の意見を自由に書ける場所で自分の領域という特性がありますよね。それゆえそこで自分の考えを否定されると過剰に反応するのでしょうか?それともそれに賛同してくれる人が増えると自分がすごいとか偉いとか勘違いしてしまって尊大な態度をとるのでしょうか?なんにせよこれらの行動は見ていて気持ちのいいものではありません。心当たりがあるのならばこれを読むことで少し自分を見直す機会にでもなればなと願います。

自分と異なる考えに触れれるという事は貴重だとおじさんは思っています。それをフイにしてしまうというのは非常にもったいないことです。別に自分を否定するのではなく、こういう考えの人がいるのか、なるほどくらいに思えばいいんです。気楽にいきましょうよ。

 

ということで今回はこんなお話でした。ちょっと自分でも文章まとまってないなと思いますが書いてることが伝われば嬉しいです。そしてコメントをくれるとなお嬉しいです。

ではここまで読んでくれた方、ありがとう!またお会いしましょう。