読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はにわかおじさん

アニメ・古めのゲーム・雑文、ときどき漫画・特撮について

SD刑事ブレイダーの思い出(ファミコン)

ゲーム

どうも!散髪してすっきりしたにわかおじさんです。行きつけの美容院に入った新しい人が自分より大分年上の男の人でその人に当たらないように願ってしまいます(今日は当たらなかった)。その人には悪いけど、それなら1000円台の床屋でいい気がするんですよね。せっかくだから若い人にしてもらいたいです。

そんなことはさておき、ソフト紹介に行きましょう。

 

SD刑事ブレイダー

f:id:niwakaojisan:20170211182232j:plain

 発売年:1991年

ジャンル:RPG

対応機種:ファミリーコンピュータ

 

ギャバンシャリバンシャイダー宇宙刑事物を意識して作られたであろう作品、オーソドックスなRPGです。ブレイダーが平和のために悪と戦う、そんな感じだったと思います。それでは印象に残っていることへいきましょう。

 

①思い込みで購入

どんな思い込みをしていたかというとジャンルです。絵と名前で勝手にアクションゲームだと思って購入しました。家に帰ってプレイしたらRPG・・・勝手に思い込んだ自分が悪いのですが、ガッカリしてしまいました。思い込みダメ!

 

②よくある話

このゲーム、最大で2人仲間にすることができます。この仲間ですが、補助的な役割しかしません。だいたい数ターンに一度(気まぐれで)攻撃や回復といった各々の行動をとるだけです。HPもありません。したがって実際のところは1人で戦闘するのと変わりがないです。で、話を進めていくと仲間が入れ替わっていくのですが、この中に敵として戦ったが戦闘後に味方になる奴もいます。ここでよくあることが起きます。そう、敵の時は強いのに味方になるとそんなでもないというアレです(逆もまた然り)。この不条理あるあるはいったいなんなんでしょうねぇ・・・

 

③防具破壊

テクターという防具が一種類あるだけなのですが、これを故障させてくる敵がいます。これでテクダーが故障した状態で攻撃を受けると大ダメージ、このシステムがなぜかわかりませんが、すごい嫌でした。理由は分かりません。とにかく嫌でした。

 

④プレイしようと思った方に注意

これは印象に残ったことではなく、もしこれを読んでプレイしようと思った方がいた時のために書いておきます。このゲーム、エンカウント率が滅茶苦茶高く、ゲームバランスもお世辞にはいいとは言えないのでプレイの際には覚悟をもってあたりましょう。おじさんはエンカウントの高さは気にならないのでわりかし普通にプレイでき、楽しめましたが他の方は多分苦痛に感じるだろうなと思ったので言っておきます。

 

ということでSD刑事ブレイダーについてでした。まあ話題に上がらないことから考えても人気はなかったんだろうなぁと思います。でもおじさんは楽しくプレイできそんなに悪い印象はありません。とにかくみなさんに伝えたいことはこのゲームをアクションだと思って購入しないようにということですね。

 

ということでここまで読んでくれた方、ありがとう!またお会いしましょう。

 

 

 

 

喉元過ぎれば熱さ忘れる

雑文

どうも!色んなものを溜めこんでいるにわかおじさんです。本もマンガもアニメもゲームも溜まっていってヤバイです(漫画は少ないけど)。今回のタイトル、苦しい経験も過ぎ去ってしまえばその苦しみを忘れてしまうという意味ですが、何を忘れたかと言うとピクロスの苦い経験です。「過ぎたるは何とやら・・・」でピクロスクソゲーを掴まされて嫌になったということを書いたのが12月の始めくらい、現在2月始めくらい・・・わずか2ヶ月で封印していたピクロスをまた始めました(・ω<)

 

完全にピクロスにとりつかれてますねw 少しだけゲームしたい時に丁度いいんですよ(言い訳)。またいくつかクリアしたらまとめて感想を書こうと思います。以前書いたピクロスの記事はこれだ→その1その2(気になる人はクリックして過去記事をよんでね、宣伝)

 

ということで読んでくれた方、ありがとう!またお会いしましょう。

友人に言われてショックだった一言

雑文

どうも!なかなかブログを更新できないにわかおじさんです。思い浮かぶときはポンポンといくんだけど、なーんも思いつかなくなってしまったり・・・毎日更新している方はすごいなと思います。今日は昔友人に言われてショックだったことを思い出したのでそのことについてです。

 

4、5年くらい前だったか、当時のおじさんはスーファミのRPGをよくやっていたのですが、やるゲームやるゲームクソゲー率高いこと山の如しというくらいクソゲー、よくても凡ゲーを引いていました。そんな中、新しく手に取ったのは有名作品「テイルズオブファンタジア」でした。おじさん、これがテイルズシリーズ初プレイでした。さすが今でも続く人気シリーズものの一作目だけあってかなり楽しめました。今までひどいゲームによくあたっていたので感動も大きかったと思います。

そんな中、友人に会ってテイルズ面白いよ、感動したと話していて、おじさんはドヤ顔で言いました。「テイルズやって思ったのはやっぱりクソゲーも必要だよ、一流のゲームに当たった時の感動度が違う、良質な物ばかり食べていたら感動も薄くなる、ひどいものを知ったうえで良い物を知るというのは大事なことだよ。だからクソゲーもプレイしないとあかんで」

すると友人はこう返しました。

「なにそのドM的発想」

 「なにそのドM的発想」

   「なにそのドM的発想」

     「なにそのドM的発想」

ガーーーーーーン!おじさんは灰になって燃え尽きてしまいました。皆さんはこれを聞いてどう思ったでしょうか?ぜひご意見、感想お聞かせください。

 

ということでここまで読んでくれた方、ありがとう!またお会いしましょう。

 

お買いもの 7

お買いもの

どうも!久しぶりに一日に10PV以上になって喜んでいるにわかおじさんです。少なって思った人!少なくたっていいじゃない、にわかおじさんのブログだもの。そんなことは置いといて今回はまた買ってきたゲーム等の紹介です。

 

トゥームレイダー3(PS)

f:id:niwakaojisan:20170201204700j:plain

映画の方が知名度はあるのかな?PSトゥームレイダーの3作目のゲーム、1と2は持ってます。ただ操作が難しいと聞いて中々手を付けられず・・・せっかくだから1からクリアしていきたいけど・・・PSメタルギアソリッドも投げてしまったおじさんには少々荷が重いかもしれない。いつも通りの108円。

 

ダブルキャスト(PS)

f:id:niwakaojisan:20170201205106j:plain

やるドラシリーズの第一弾、なんか凄惨な話と風の噂で聞いたような・・・怖い話は苦手なんですけど大丈夫かな。パッケージの絵からは想像できませんけど何かと勘違いしているのでしょうか?これも108円。

 

陰陽大戦記 零式(GBA)

f:id:niwakaojisan:20170201205555j:plain

アニメでちょくちょく見てました。できれば1話から全部見たいけどなぁ・・・調べたらRPGらしい。今回紹介するGBAのソフトの値段は全部不明、レシートもなくしてしまった・・・まあ高くても200円台が一つ、あとは100円台しかなかったと思います。

 

鋼の錬金術師 迷走の輪舞曲(GBA)

f:id:niwakaojisan:20170201210256j:plain

おじさんが買ってくるゲームといえばキャラゲー、そういや陰陽大戦もそうですね。ハガレンは実は未読・・・先に原作知ってからゲームしたほうがいいのかなぁ。積みゲーは山ほどあるからいつプレイするかは分かりませんがね。

 

鋼の錬金術師 想い出の奏鳴曲(GBA)

f:id:niwakaojisan:20170201210234j:plain

ハガレン再び!迷走の輪舞曲の続編らしいです。一つ言っておきますがおじさんはキャラゲーが好きなわけではありません。安いソフトを買っていると知らないうちにキャラゲーが集まるんです。

 

⑥冒険遊記 プラスターワールド 伝説のプラストゲート(GBA)

f:id:niwakaojisan:20170201220957j:plain

はーい、今回のやらかした枠です。このゲーム、ソフト以外に必要なものがありましてそれがないと遊べないとのこと、読み取り機とフィギュアがいるらしいです。あぁ知らないって怖い怖い。

 

⑦仰天人間 バトシーラー ドクトル・ガイの野望(GBC)

f:id:niwakaojisan:20170201221512j:plain

元々お菓子、シール付きチョコレートで販売され、アニメ化、ゲーム化されたものらしいです。バトシーラーについては全く知りませんでした。ボンボンで漫画にもされたそうです。さらに調べたらシールは第3弾で終了(しかも第3弾はゲームのおまけだった)とのこと・・・えらく短命だったんですね(´・ω・`)仰天人間というビックリマンと根本の意味が同じネーミングをつけるなどパチモン臭を漂わせていることから消える運命だったのだろうか。

 

オタクアミーゴス

f:id:niwakaojisan:20170201223518j:plain

最後は珍しく書籍です。昔オタクアミーゴスの逆襲というのを読んで面白かった記憶があったので(なお内容は忘れました)購入することにしました。岡田斗司夫さんは正義のミカタでTV出演してるのでオタク以外の人も知っている方は多いかもしれませんね、岡田さんの書籍はちょこちょこ購入してます。価格は200円。

 

以上、今回購入した品々でした。本は読まずに積んでます・・・そろそろ読まなきゃ、そして気が向けばブログのネタにするかもです。

それではここまで読んでくれた方ありがとう!またお会いしましょう。

 

「C」の思い出(アニメ)

アニメ

どうも!にわかおじさんです。今回はアニメ「C」についてです。さっそくあらすじから行きましょう。

 

主人公は大学生の余賀 公麿(よが きみまろ)、大学生、お金に困っているようでバイトを掛け持ちしている。また、過去のことが原因で安定志向が強く、公務員を目指している。大学生活、バイトの日々を送っていたところ、突如、ミダス銀行の真坂木(まさかき)と名乗る者が現れ、「あなたはアントレに選ばれました」と告げる。アントレとは自分の未来を賭けて戦う「ディール」に参加する人のことで、勝てば富を得られ、負けると未来が失われるとのこと。ディールは金融街という異世界で行われる。主人公は最初は拒否するが、結局ディールに参加することに・・・こうして主人公は自身の未来を賭けてバトルする日々が始まる。

 

とまあこんな感じの話です。あと、ディールには「アセット」と呼ばれるパートナーが存在し、アセットと共に戦います。アセットはアントレの未来を形にしたものらしいです。こうして見直すとけっこう専門用語がありますね。では、印象に残っているものについて話しましょう。それは第6話「conflict(葛藤)」です。

 

6話にもなると主人公もディールに大分慣れてきてアセットとの息も合ってきました。そんな中次のディールの相手、宣野座 功(せんのざ こう)が現れます。他のディール相手と違い、彼はバトル放棄のペナルティを払うのでバトルを放棄して引き分けにしないかと提案してきます。宣野座は貧しい国の人々への寄付活動でも知られる有名人でした。で、話ははしょりますが結局彼とバトルすることになります。宣野座は今までディールに敗れたのは一度だけ、主人公も彼の攻撃に追い詰められることになります。アセットもボロボロになり大ピンチ!最後の力をふりしぼって反撃に、そして次の瞬間・・・

まさかの戦闘終了

 場面はバトルフィールドである金融街から現実世界へ移ります。主人公は勝ったようで、宣野座と話をします。

なんじゃあそりゃ!うぎゃー、どうなってんだ!

見てる方からしたらそんな感じでしたよ。「そこ一番大事な部分ちゃうの?なんではしょってん?」としか思えませんでした。ギャグ漫画とかギャグテイストを入れている話ならわかるけど、この話でそれはないでしょ!

Cについてはこの話の衝撃が強すぎておじさんは他のことを語る気にはなれませんでした。もっと話すことあるだろと思った人はスマンw

 

ということでアニメ「C」の思い出でした。専門用語が多く、お金という題材を使っていることから経済の話もでてきますし少々クセがあるので好みはけっこう別れる作品だと思います。気になる人は見てください。

 

では、ここまで読んでくれた方ありがとう!またお会いしましょう。

 

爆走デコトラ伝説の思い出(PS)

ゲーム

どうも!久しぶりにぬるぽ→ガッという言葉を見たにわかおじさんです。今回は珍しくレースゲームです。では簡単なソフト紹介からいきましょう。

 

爆走デコトラ伝説 男一匹夢街道

f:id:niwakaojisan:20170127200250j:plain

 発売年:1998年

ジャンル:レースゲーム

対応機種:プレイステーション

 

自分好みに装飾したデコトラを使って競争を挑み、日本一のトラック野郎を目指すといったようなゲームだったと思います。モードは全部で4つ、メインモードの全国制覇、タイムアタックの頂上戦争、ストーリーモードの男の華道、ロジック対戦の頭脳対決です。おじさんは全国制覇と男の華道だけプレイしました。では印象に残ったことについていきましょう。

 

①BGM

BGMは演歌です。何も予備知識なくプレイしたのでBGMで演歌が流れた時は最初ビックリしました。演歌は普段聞くことはなかったのですが、このゲームをプレイして「演歌もいいもんだなぁ」と思いました。まあだからといって演歌に目覚めたわけではないですが・・・説明書をみたところ全部で9曲使用されているみたいです。ゲームはしなくてもBGMを聞きたい方のためにどんな曲があるかのせておきます。検索して聞いてみてください、youtubeデコトラ伝説で検索するとみつかると思います。

1.男一匹夢街道  歌 北岡ひろし

2.人生博徒    歌 北岡ひろし

3.お七      歌 安藤ひろ子

4.夢桜      歌 安藤ひろ子

5.わかれ道    歌 坂田真由美

6.未練酒     歌 坂田真由美

7.心変わり    歌 泉敦子・山口孝美

8.花恋歌     歌 秋山さおり

9.かささぎ橋   歌 北岡ひろし

 

②車線変更ゲーム

このレースゲームですがタイマンで戦い、車線変更を駆使して先を競うものとなっています。レースですが、ライバル車より前にいる時はいかに抜かれないようにブロックするか、そして一般車も普通に走っているのでこれを上手くよけてスピードを落とさず運転することが重要となります。操作をシンプルとカスタムで分けて選べるのですがシンプルだとカーブなども車線からでないよう自動で走ってくれます。よってシンプルを選ぶと車線変更に気を付けるだけのゲームになります。レースゲームがあまり得意でない人にとってはとっつきやすいゲームだと思います。その反面、レースゲーム好きの人からしたら物足りなさを感じることになるかもしれません。おじさんはもちろんシンプルでプレイしましたよ。

 

③ボイス

レース中、クラクションを出して前の邪魔な車をのかせたりするのですが、クラクションだけでなくボイスがあり、ボイスの種類が「どきやがれ!」「じゃまだ!じゃまだ!」「どかんかボケ!」「馬鹿野郎!ドケ!」「なにやってんだタコ!」「じゃまなんだよ」「どこ走ってんだ!」「殺されたいんか!」など煽りボイスとなっています。さらに女性バージョンもあり、ボイスを選んだり聞いたりするだけで楽しいです。

 

以上が印象に残っていることでした。あとやっぱりレースに買って、ポイントを貯め、パーツを手に入れて普通のトラックをだんだんデコトラにしていくのが楽しいですね。レースゲームとしては異色を放っていますが、話のタネにもなるのでぜひプレイしてみてほしいです。

 

それではここまで読んでくれた方ありがとう!またお会いしましょう。

今更プロフィール画面があることに気付く

その他

えー、今回は報告だけです。プロフィールで自分の紹介とかできたんですね。おじさんの所持ゲーム機や現在プレイ中のゲームなどのせています。気になったら見てください。ではでは!